転職回数ってやっぱり重要なのか?

【転職回数が多い場合の自己PRでの注意点】いかに転職が当たり前の時代とは言え、あまりにも転職回数が多い場合は採用担当者の懸念材料になりかねません。
したがって標準より転職回数が多い場合には自己PRでは以下の点に注意してアピールする必要があります。
<転職動機やキャリアビジョンに一貫性が乏しい転職が多い場合>この場合はこれまでの経験を生かせるとを強調するともに、応募企業の業務内容と自分のキャリアビジョンが一致していることをアピールするといいでしょう。
<転職の多さで人間関係に疑問を持たれたとき>人間関係を転職の原因と疑われたときには、これまでの転職が人間関係によるものではないことを説明すると共に、新しい職場では良好な人間関係を構築できるということを強くアピールする必要があります。
<転職の多さをプラスに変えてアピールする>転職の多さを必要以上にネガティブに捉えるのではなく、その経験こそが今回の転職を後押ししてくれた、というふうにポジティブにアピールすることが必要です。